チャンピックスの病院処方にかかる費用はどれくらい?

禁煙外来の病院で処方されているチャンピックス。

タバコをやめられる禁煙補助薬として有名ですが、病院で処方される際にどれくらいの費用がかかるのか?まとめました。

保険適用の場合の費用

健康保険や社会保険などに加入していて、3割負担の場合は病院によって多少の違いはあるものの、12週間で約2万~2万5千円円ほどが必要になります。

基本的には5~6回ほど通院して診察を受けて、現在の禁煙の進行具合を検査しながら進めていきます。

保険の適用外=自費診療での費用

10割負担となるため、保険適用の約3倍にあたる6万5千~7万円ほどが必要になります。

また、初めて禁煙外来に行って保険適用で禁煙を開始し、もし途中で挫折した際には1年間は保険の適用外扱いになり、自費診療(10割負担)となりますので注意が必要です。

通販の費用と比較してみると

チャンピックスを個人輸入で通販した場合、12週間分で約4万円となっています。

つまり、保険適用で病院処方してもらうのが一番費用が安く済み、次に通販、一番割高になるのが自費診療となります。

保険適用となる要件は?

健康保険に加入していることが大前提ですが、チャンピックスを処方してもらう際に保険適用となるためには他に要件があります。

  • 病院でのニコチン依存テストで結果が5点以上であること
  • 35歳以上の方の場合、ブリンクスマン指数(1日の平均喫煙の本数 x 喫煙の年数)が200以上を超えていること
  • 文書にて禁煙治療を受けることに合意すること
  • すぐに禁煙を開始する意思があること

上記の4つをクリアすると保険が適用されるように取り決められています。

また先ほども書いたとおり、病院で禁煙治療を開始し、もし途中で挫折した方が再度治療を行いたいと思った場合は、1年間は自費診療となり10割全額負担することになりますので注意してください。

ちなみにニコチン依存テストは、タバコを吸っている方であればほとんどの方が5点以上になるような内容であり、難しいテストではありません。

病院での治療の進行具合

診察を受けて禁煙薬(チャンピックス)を処方してもらい、自宅にて12週間服用を続けるという至ってシンプルな薬剤治療法です。

12週の期間のうち(病院によりますが)5~6回ほど通院して禁煙の進行具合を検査し、医師と相談しながら禁煙完了を目指していきます。

禁煙外来の病院の敷地内は、禁煙が義務付けられています

禁煙外来の病院では、国からの保険適用を受けるためには敷地内が完全禁煙であることが義務付けられています(分煙も不可)。

禁煙したい患者さんが来るわけですから当然と言えば当然です。

しかし一部の病院で、職員が隠れて敷地内で喫煙しているという事件が発生し、禁煙外来の診療を休止し診療報酬額を返済するというニュースがありました。

本来あってはいけない話しであり、そういった病院もごくわずかながら存在することを念頭において、信頼のできる病院を選ぶようにしましょう。



Copyright © 2016
チャンピックス de禁煙