チャンピックス以外の禁煙アイテムをご紹介

禁煙外来で処方されているチャンピックスが有名になったとは言っても、その他にも禁煙するためのアイテムはあります。

  • タバコをやめたい
  • でもチャンピックスは体質にあわなかった

そんな方は他の方法を試して禁煙し、タバコをやめる努力をすることは、自分だけでなく家族や周囲の方のためにも大切なことです。

iQOS(アイコス) ~大ブーム到来、でも入手困難~

フィリップモリス社は元々タバコの販売会社ですが、火を使わずに電気で熱して吸うタバコを開発しました。それがiQOSです。

タールが含まれておらず、今までの紙巻タバコの有害物質を90%近く削減したと言われています。

ただ一方でニコチンは含まれているため、タバコ依存症を改善することはできず、完全な禁煙とは言えません。

それでもメリットとして、タールが無いことからヤニがつかず、歯や壁が黄色くなることもありません。また匂いもタバコより抑えられていますし、火を使わないことから火事になることもありません。

多くの方がiQOSを欲しがり品薄となっていて購入が難しくなっていますが、それほどタバコをやめたいと思っている方が多い表れと言えます。

チャンピックスで完全にタバコをやめられることが一番理想ですが、iQOSに変えるだけでも健康や周囲への迷惑が小さくなるため、大きな効果があると言えるでしょう。

電子タバコのベイパー

禁煙ブームの到来とともにいち早く話題になったのが電子タバコのベイパーでした。

リキッドをタバコ状の機器に入れて、電子で熱せられた水蒸気を吸い込むというものです。

パイポを販売していたマルマン社が、このベイパータイプのパイポの販売を開始したことでも話題となったのは記憶に新しいところです。

リキッドにはいろいろな味が用意されているため、好きなものを選択できる楽しみがあります。

ただ、海外製のリキッドにニコチンやタールが不法に入っているものも販売され、国内での安全性が確率されていないという点が問題視されました。さらにiQOSやプルームテックの台頭により、一時期よりも人気が下火になっているのは否めないところです。

それでもベイパー好きな方は大勢いらっしゃいます。ニコチンやタールが含まれていないリキッドの場合は、一般のタバコよりも健康的と言えます。

ニコチンパッチ

禁煙のための医薬品であり、自分の身体にペタッと貼り付けるだけでニコチンを摂取できるのがニコチンパッチです。

ニコチンパッチにもタールは含まれていませんのでタバコと比較して有害物質を大きく除去しています。

1日1回貼るだけで済むので便利です。

注意する点として、ニコチンパッチからニコチンを吸収している状態ですので、同時に喫煙することは禁止です。多量にニコチンを摂ると副作用が出てしまいます。

約2ヶ月使用すると禁煙できます。

ニコチンガム

ニコチンガムも禁煙補助薬のひとつであり、タバコを吸いたいと思ったらガムを噛むことでニコチンを摂取できる仕組みになっています。

ガムの味付けも数種類ありますので、好みの味を選べるというメリットもあります。

また、禁煙中の離脱症状(イライラや焦燥感など)があらわれたときに、我慢する必要なく食べることが可能なので無理せず禁煙を進めやすいというメリットがあります。

慣れてきたら徐々に噛む回数を減らしていき、およそ3ヶ月で禁煙完了となります。

どの商品でも目的はひとつ、健康な幸せを手に入れるための禁煙

iQOSやプルームテックの品薄状態を見ても、喫煙者の多くの方が本音ではタバコをやめたいと思っているのがわかります。

タバコは身体に悪い、周囲にも悪いと認識されているということです。

チャンピックスだけでなく、どんな禁煙アイテムでも、タバコをやめられればその目的は達成できたことになり、幸せな生活が待っています。



Copyright © 2016
チャンピックス de禁煙