チャンピックスの副作用と注意点

チャンピックスは、テレビCMでもおなじみ禁煙外来で処方されている「タバコをやめるためのお薬」です。

12週間継続して服用するだけでタバコのニコチン依存から解消される効果があります。

ただし、チャンピックスも医薬品のひとつであり、どんな薬にも副作用が出る可能性があります。

ここではチャンピックスの副作用と注意点についてまとめました。

チャンピックスの主な副作用は~腹痛や吐き気~

主な副作用として挙げられるのは、腹痛や吐き気です。

特にチャンピックスの飲み始めの頃に見られることが多く、まだ体がチャンピックスの成分に慣れていないことが理由であり、身体から異物を吐き出そうとする自然な行為です。

人によっては頭痛が起きたという報告もあり、こちらも日数の経過とともに収まれば問題ないのですが、どうしても自分の体質がチャンピックスを受け付けない方は、これらの症状が継続して起きてしまうことがあります。症状が酷い場合には必ず医師に相談するようにしてください。

離脱症状が起きることも

チャンピックスの副作用として離脱作用が起きる方もいます。

離脱作用とは、今まで継続していた習慣をやめた際に、その反作用としてイライラしたり頭痛が起きるなどの症状があらわれることです。

無理をして禁煙をするとイライラした経験のある方が多く、それが離脱作用と呼ばれる症状です。

チャンピックスでの禁煙でも、長い間の喫煙習慣をやめることが目的になります。そのため気分が落ち込んで鬱っぽくなったり、不安や焦燥感を感じる方もいます。

眠気が起きる方は運転に注意

チャンピックスを服用したら眠くなるという方もいます。風邪薬や頭痛薬の副作用と同じ症状です。

そのため、車などの運転は極力控えるようにしてください。

その他の注意点として

ニコレットなどのニコチンを含んだ禁煙補助薬との併用は禁止です。

腎臓病の薬を服用している方は必ず医師に相談すること。副作用が強くなる可能性があるためです。

精神病を患っている方も同じ理由で必ず医師に相談してください。

妊娠中に飲んでいいの?

妊娠中や授乳中にチャンピックスを服用して良いかどうかですが、母体に与える影響は少ないとされています。

ただしまったく影響が無いとは言えません。そのため極力控えたほうが良いです。

当然ですが、妊娠中の喫煙は胎児に強い悪影響を及ぼすため、妊娠前に禁煙をおこなっておくべきです。

チャンピックスの禁煙効果vs副作用~まずはタバコをやめて健康になる~

副作用があるからといって、タバコを吸い続ければそれだけ体が害されて、タールによってガンになってしまう可能性もあります。

チャンピックスのおかげで禁煙に成功したという報告は多く、成功率は80%以上の確率とも言われています。

副作用が出るかどうかは個人の体質に依存する部分ですので、出るかどうかは服用してみなければわかりません。

タバコをやめて健康になるのがまず第一の目的であり、もしチャンピックスを飲み始めてみて副作用が出ていると感じたらすぐに医師に相談。

それでも副作用が続くようであればチャンピックスをやめて、他の禁煙方法を探すのが良策と言えるでしょう。



Copyright © 2016
チャンピックス de禁煙