チャンピックスの主成分バレニクリンとニコチンの関係性~禁煙のメカニズム

チャンピックスは禁煙外来で処方されている禁煙補助薬です。

その主成分はバレニクリン酒石酸塩酸と呼ばれていて、この成分が禁煙を成功させる鍵となっています。

タバコをやめる際に一番厄介なのがニコチン依存からの脱却です。

ここではバレニクリンがどのようにしてニコチン依存から解放してくれるのか、その関係性と禁煙できるメカニズムをわかりやすく説明しています。

タバコをやめられない理由は ~ニコチン依存症~

タバコをやめたいと思ってもなかなかやめられない・・・。

その一番大きな原因は「ニコチン」です。

ニコチンを摂取すると、快感や安堵感が生まれ、それを繰り返すことで体がニコチン依存症となっていきます。

そしてタバコをやめようとすると離脱症状(イライラや不安、焦燥感)が起きてしまい、どうしてもニコチンを欲してしまうため、なかなかやめられなくなっているのです。

なぜ、タバコを吸うと快感を感じるのか?そのメカニズム

ヒトの脳には「報酬回路」と呼ばれる神経線があり、嬉しいこや楽しいこととがあったときにドーパミンが放出されて満足感を感じさせてくれます。

タバコを吸った際、この報酬回路にあるニコチン受容体にタバコのニコチンが結合します。すると同じようにドーパミンが放出されるため快感を得ることができます。

ヒトは満足感を欲するため、その行動を繰り返すようになり、最後にはニコチンがないと離脱症状まで引き起こす依存症となってしまうのです。

バレニクリンの作用 ~受容体と結合してニコチンをシャットアウト

ニコチン受容体はニコチンとのみ結合するわけではありません。チャンピックスの成分であるバレニクリンとも結合します。

そして、ニコチンよりも少ない量のドーパミンを放出してくれます。

つまり、チャンピックスを服用するとその成分であるバレニクリンが受容体に結合してくれるため、タバコを吸ってもニコチンが結合する先が埋まってしまっています。

その結果、タバコを吸ってもドーパミンが放出されませんので、いつもの満足感が無く「タバコが美味しいと思えなくなる」のです。

バレニクリンの効果は2つ ~「少量の刺激」を与えつつ「ライバルを遮断」してくれる~

ここまで見てきたように、バレニクリンには大きく2つの効果があることになります。

1つめは、受容体と結合して刺激を与えることで少量のドーパミンを出すこと。

つまり、禁煙した際の離脱症状(イライラなどの感情)を抑えてくれる効果があるということです。

2つめは、受容体に先回りして結合してニコチンとの結合を阻害してくれる働き。

つまり、タバコ(ニコチン)が美味しいという満足感を減らしてくれ、美味しいと感じなくなるために再び吸いたいとは思わなくなることです。

この2つの効果によって、バレニクリン(商品名:チャンピックス)はタバコ依存から解放してくれ、禁煙を成功に導いてくれる助けをしてくれているのです。



Copyright © 2016
チャンピックス de禁煙